掲示板の常連さん募集中です。 摩訶不思議ワールド > 掲示板
百物語@2ちゃんねる オカルト板のまとめサイト作りました。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒


| ホーム |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1149389049/

49 :本当にあった怖い名無し :2006/06/06(火) 11:55:48 ID:T9yhTXkT0
昔小学4年生の頃、しょう紅熱にかかり町外れの古びた隔離病棟に入院した。
医者は一日に2回巡回に来るのだが、この隔離施設には常駐していなかった。
他に入院患者が一人も居ない、熱が下がった頃から一人ぼっちで退屈だった。

親から退屈しのぎに本とラジオと画用紙を持って来てもらったが
本はすぐに読み終わり、ラジオは半日ほどで電池が切れ、鉛筆は無くしてしまった。
空いてる隣のベッドのそばの引き出しを開けると鉛筆ほどの金属の棒が入っていた。
試しに紙に書いてみると、まるで鉛筆のように線が引けた。
それを使ってしばらく絵を描き続けた。

退院する時に元の引き出しにその金属の棒を戻した。
しかし今考えると不思議でならない、それは金属の棒で鉛筆ではなかった。
削らずに描き続けられる永久鉛筆なんて存在するのだろうか?

-------------------------------------------------------

61 :本当にあった怖い名無し :2006/06/07(水) 07:42:22 ID:YVI5XN9k0
俺も3歳くらいのときに不思議な体験したなぁ。
原っぱに遊びにいくんだけど、はじめての場所。そこで1時間くらいあそんでたのかなぁ。
すごい居心地の良い原っぱでさ。
で、家に帰ったら、両親がすごい顔して今までどこいってたの!って。
朝あそびに行ったはずなのに、夕方になってて。
次の日、またその原っぱにいったらないんだよ。一本道で3歳の俺にも絶対間違わない場所に
その原っぱがない。空き地はあるんだけど、花も咲いてないし、広くもない。
今ならこう思うね。神隠しになってたんだと。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
0
スポンサーサイト
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1150363884/

101 :本当にあった怖い名無し :2006/06/20(火) 19:30:08 ID:nBm2spHk0
娘が2歳ぐらいの頃
リビングで昼食を食べていたら、風もないのに一瞬カーテンが大きく膨らんだ。
娘は無言で何かを目で追い、しばらく横を向いて部屋の奥を見つめていたが
おもむろに私に向きなおり

「おばけこわかったねー」

一体何を見たんだよ…


275 :本当にあった怖い名無し :2006/07/03(月) 14:09:41 ID:TozKU9hq0
娘が3歳くらいの頃まで色々怖いこと言ってくれた。
お風呂に入れていたら、浴室の角を指差して「あのおじさん誰?」
とか、
ベランダの近くの窓で楽しそうに一人遊びしているなと思って
何してたの?と聞いたら
「女の子と遊んでいたんだけど急に怒って真っ黒になっちゃったの」
とか

もうあれから一年以上経つけど未だに風呂場が怖いよ。
っていうか浴室のおじさん、
こんな30代のおばちゃんと幼稚園児の浴室より
もっといい浴室あるだろうからそっちへ行ってください。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
1
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1144205973/

197 :本当にあった怖い名無し :2006/06/19(月) 20:03:09 ID:5bbXb3tK0
俺、以前海運会社の航海士だった。
入社してすぐのこと。乗ってた船が定期点検で造船所に入り、
普段入れない場所を色々開放して、内部を点検してた。

当時乗ってた船は、全長が300メートル以上ある、超大型タンカーだった。
その船の原油タンク内を走ってるパイプラインを、内部から点検することになった。

超大型タンカーともなると、デッキ(甲板)から船底まで30メートルもあり、
パイプラインは、その船底に沿って走ってる感じだった。
そして、パイプラインの太さは直径60cm。
よく覚えてないが、長さは、直線で最低でも150メートル以上、
多分200メートルくらいはあったはず。
曲がりくねったラインでなく、一直線のラインだったからまだ良かったけど。
もちろんパイプラインの中は真っ暗。

上司と2人で入ることになったんだが、
それでも閉所恐怖症の俺にはガクブルでしたよ。

198 :197:2006/06/19(月) 20:04:00 ID:5bbXb3tK0
続き

確か、途中一箇所縦穴になってる箇所があって、
そこに嵌ったら助けようが無いから気をつけろって言われた。

入口からして、バルブの間の狭い隙間から無理やり入りこんだ。
両肘・両膝にプラスチックのサポーターを付け、
懐中電灯を持って、真っ暗なパイプの中を四つんばいになり、
先を行く上司の後を、必死で這い進んだ。
シンガポールの造船所だったから、凄く蒸し暑かったし。

一応、内部点検の目的で入ったんだが、
下っ端で何の責任感も無かった俺には、周囲を点検しながら進む余裕なんて無く、
ただひたすら早く出口にたどり着きたい一心だった。

でも、当時は他にも大変な仕事が沢山あったからか、
出口にたどり着いてホッとしたとか、そういったことは余り覚えていない。

でも、俺が入ったパイプラインは直径60cmだったけど、
その時一緒に入った上司は、以前に直径45cmのラインで、
同じように点検に入ったって聞いた。

直径45cmのパイプラインの中を、200メートルも這い進むなんて、
マジで気が狂いそう・・・。

199 :197:2006/06/19(月) 20:14:13 ID:5bbXb3tK0
ちなみに、上で書いたような超大型タンカーの油タンクって、
少なくとも十以上には区切られているけど、
特に小さいのを除けば、
床面積は体育館くらい、前述の通り高さは30メートル程ある、
ガランとした空間。

ただ、出入り口は、直径1メートルほどのハッチを除けば
その辺の道路にあるような大きさのマンホールが数箇所だけなので、
そこから光が差し込むだけで、
とても広大て薄暗い、独特の雰囲気の空間。

ただ、実際は、船底や外壁から、無数に強度材が張り出していて、
デッキから中を覗くと、死角が多い。

200 :197:2006/06/19(月) 20:24:55 ID:5bbXb3tK0
で、上から覗いただけで、よく確認せずに、
全部のハッチやマンホールを閉じてしまうと、
もし点検で中に人が入ってた場合、当然閉じ込められてしまう。

タンカーってのは、静電気でも石油ガスに引火して大爆発を起こす可能性があるので、
一度油タンクを締め切ると、酸素濃度の非常低いガスをタンクに送り込み、
酸素をタンク内から追い出して、爆発が起きない条件にしてしまう。

つまり、上記の様にタンク内に閉じ込めらると、
真っ暗な中、じわじわと酸欠になって死んでしまう。

実は、以前、どこかの船でそんな事故があって、
発見された死体は、入り口付近に倒れてて、
入り口のハッチを爪でかきむしったあとが無数にあったとか。

そんな噂を聞いたことがある。

まあ、実際にタンク内にガスを送り込むのは出港してからだし、
それまでに乗組員に欠員があれば、船内をくまなく探すだろうから、
多分ネタだろうけど。

でも、最近は定期点検のための造船所は、
経費節約のため東南アジアあたりが選ばれることが多く、
そういった地域の日雇いみたいな労働者が、タンクに閉じ込められて一人行方不明になっても、
現地の連中は真面目に探さないかも。

とにかく、あのガランとした薄暗い空間に一人ではいってると、
そんな噂も現実味を帯びて感じられたものだったよ。

---------------------------------------------------------

224 :197:2006/07/03(月) 22:59:40 ID:ZelM4KnB0
あまりスレも伸びないので、ageてみる。

前述の通り、俺は元船乗りだった。
このスレで、エレベーターに閉じ込められて大変な目にあった、
という話も出ているが、
実は、多くの大型船にも、エレベーターはついている。
(ただし、建造コストをケチった船・マイナーな造船所で建造された船は、この限りではない。)

ちなみに、前述の超大型タンカーの場合、
デッキから最上階の操舵室へは、確か5階分、
デッキから最下階への機関室最下部へは、
確か3or4階位の階段の行き来を余儀なくされた。

で、デッキより下に設けてある機関室で働く機関士たちが、
陸上の建物で8階分も上に位置する操舵室まで、
用事であがってくるのは、別に珍しいことではない。

その際、もし階段を使うとすると、その度に
大変な距離を駆け上らなければならず、
必然的に、エレベーターを使わざるを得なくなってくる。

225 :197:2006/07/03(月) 23:00:19 ID:ZelM4KnB0
ご承知の通り、陸上施設のエレベーターは、
地震の際には緊急停止してしまう恐れが強い。

船の場合も同じで、特に古い船になると、
時化の場合には、よく人を乗せたまま止まってしまうことがあった。

とりわけ一般商船のエレベーターは、陸上の建物のそれに比べると、
かなり狭い。4人も乗ればいっぱいになってしまう大きさである。

そんないつ止まってしまうかも知れないエレベーターが怖くて、
俺はほとんど乗らいようにしていた。

ただし、船には、大概の故障は直してしまう機関士が、
機関長・一等機関士・二等機関士・三等機関士と、
4人乗っているので、エレベーターの故障も、彼らがいれば何とかなったであろう。

226 :197:2006/07/03(月) 23:00:49 ID:ZelM4KnB0
ただし、もし、彼ら4人が一緒にエレベーターに乗った時点で、
エレベーターが止まってしまったら・・・。
誰が助けるのであろう。

外国航路の貨物船は、何日も港に寄らず航海を続けるので、
陸上からの支援は、多くの場合において期待できない。
まあ、現実的には、船長以下の航海士が、何とか図面を見ながら対応することになるのだろう。

しかし、以前、航海士の担当機器が壊れてしまい、
われわれ航海士ではどうにも対応できなくなったときも、
機関士に見てもらったら、簡単に修理してもらえたことがあった。

航海計器を除けば、舶用機械のメンテナンスには、航海士と機関士にはそれほどの差がある。

もし、機関士全員ががエレベーターに閉じ込められ、しかも簡単には解決できないトラブルだった場合、
外部に頼れる存在のいないまま、救助を待つ心境も、さぞかし心細いだろうなあ、
などと想像しながら、下っ端航海士の俺は、階段を使って足腰を鍛えていたものでした。

-------------------------------------------------------

230 :本当にあった怖い名無し :2006/07/04(火) 19:21:34 ID:xDp2ut+FO
関所の恐怖にしかみえないw

231 :本当にあった怖い名無し :2006/07/06(木) 21:09:58 ID:E3aVH/OJ0
だから関所では無いと言うにw

そういや長いエレベーターと言えば、関東地方某所にある水力発電所。マジお勧め。
まず管理棟が山のてっぺんにある。ふしぎ。
そしてそっからエレベーターで地下の発電所に下りていくんだが、これがなかなか凄い。
なにしろ、エレベーターのボタンが4つしかない。
まず一番上が管理棟(1F)。で、一番下にB1・B2がある。一番下て。ねーよw
そして管理棟とB1の中間ぐらいに無記名のボタン。これだけ。
B1・B2が発電所なんだが、管理棟からここに降りるまで20~30分ぐらいかかる。普通に。
つーか地下130mだか200mだかだしね。ずーっとエレベーターの中。重量用だから遅いんだよ。これ。
で、降りたら降りたで日光なぞ絶対届かない山のど真ん中。最高。
蛍光灯は5mぐらい上の天井に嫌と言うほどついてるんだが、何となく薄暗く感じるのは多分気のせい。
壁はコンクリ打ちっぱなし。鼠色。壁紙ぐらい貼れよ。管の中を通る水と機械の音が五月蝿い。
もし水の通ってるでっかい管(直径3m)が外れたら逃げる暇もなく水没。
火事になったら100%エレベーターの中で燻製。まぁそういう話は国内じゃ聞かないので問題ない。

で、そこを見回った後にまた延々と20~30分間エレベーターで上昇するんだが、これは流石に辛いですよね。
そんな時は、B1と管理棟にある無記名のボタン。これ。
ここに止まると、真っ白な通路がある。エレベーターの前から5mぐらいで壁に突き当たって、T字型に別れてんの。
で、蛍光灯が5mぐらいの通路に1つだけ。
T字の左右の道は当然暗くて見えない。というか、むしろ闇がはみ出してる。最高。
夜中だとたまにエレベーターが空気を読んで、ボタン押してないのにここで止まってくれる。憎い心遣いだ。

232 :本当にあった怖い名無し :2006/07/06(木) 21:15:56 ID:E3aVH/OJ0
ちなみに、この闇の先に行くと搬入路があるんだが、これが幅10m、全長300mぐらいの半円の斜坑。

7m間隔で壁についた蛍光灯に、嫌がらせで作ったと確信できる絶妙に歩き難い間隔の階段。
つか蛍光灯て。反対側の壁まで照らせてねえよ。
しかも水が漏れてる。壁天井お構いなし。なんか蛍光灯の光でぬらぬら光ってる。おいおいまだ昼間だよ昼間。空気嫁。
なんか切れかかってる蛍光灯も放置してあるし、水の流れる音は五月蝿いし。正直夜は歩きたくない。マジで。
まだ現役でラグビーやってんじゃないかってぐらい屈強な先輩も、
「万が一エレベーターが止まったらここから地上まで上がんなきゃいけないが、俺は死んでも御免だな。ガハハ!」
とか言ってた。やばい。

そんな素晴らしい水力発電所。ぜひ一度は行ってみるべきだと思います。イチ押し。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
0
あなたの家のあかずの間
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1152427741/

39 :1/7:2006/07/12(水) 22:45:33 ID:J0yDoNbP0
怖いオチがあるわけでもないし、ありがちな話かもしれんけども、小二の頃のガチ体験。
(↑そのわりにまとめたら長くなってしまったので申し訳ないんだが・・・orz)

俺の母親の実家ってのは、いわゆる田舎に古くからある豪農の家系ってやつで、
まあ地方だからってのもあるけど敷地も広くて屋敷も大きかったし、蔵なんかもあった。
中学に上がるまでは毎年夏休みになると、十日くらい泊まりに行ったもんだった。

俺みたいな都会から来た青白いガキは、地元の子供達とは打ち解けられなかったんで、
もっぱら同い年の従兄弟(母の兄の子)と2人っきりで遊ぶ毎日だった。
こいつもまあ、金持ちのボンボン扱いwされてたんで、普通に友達いなかったし。
とりあえず家の敷地がめちゃくちゃ広かったんで、その中で遊んでても充分だった。

40 :2/7:2006/07/12(水) 22:47:46 ID:J0yDoNbP0
ある日の午後、俺達は昼間でもいくらか涼しい蔵の中で遊んでいた。
蔵は2階建てなのだが、1階の半分だけが座敷になっていて、1階奥と2階は物置状態。
何をして遊んでたのかも覚えてないが、いつしか床の間の脇にある押入れに入っていた。

そうこうしている内に俺達は、押入れの一番奥の床板が外れる事に気が付く。
外して下を見ると、大人ならちょっと入れなそうな狭い通路みたいになっていた。
まだ体が小さかった俺達は興味に突き動かされ、そこに入ってみる事にした。

通路は3mほどで行き止まりになった。(網が張られていてそこから通れない状態)
向こう側から風を感じたので、おそらく蔵の縁の下辺りに通じているのだろうと思った。
もう戻ろうか・・・と思った時、その通路の床がさらに外れる事に気が付いた。
すぐに床板を外して下を眺めると、今度は思いのほか広い空間がそこに横たわっていた。

持ってきた懐中電灯で照らしてみると、意外にもちゃんとした“部屋”のような感じ。
真っ暗というわけでなく、部屋の隅の方から弱い(外の)明かりが漏れているようだった。
都合が良く、俺達がいる場所のすぐ下に箪笥があったので、足場にして下へ降りてみた。

41 :3/7:2006/07/12(水) 22:49:55 ID:J0yDoNbP0
下に降りて部屋全体を眺め回してみると、そこは6畳くらいの殺風景な部屋だった。
箪笥(足場にした)が1つ、文机のような物が1つ、あとは何枚か座布団が積んであるだけ。
カビとほこりのニオイが結構きつかったが、そんなに汚い場所ではなかった。

意外な場所を発見した俺達は興奮して、部屋のそこかしこを調べて回った。
先ほど感じた“弱い光”は、一方の壁の上方に4つ並んだ小さな“通気孔”だった。
やはり網が貼られていたので奥は見えなかったが、これも縁の下に通じている感じがした。

反対側の壁には小さな襖みたいな戸があり、ここをくぐって部屋の外へ出れた。
(↑茶室?とかにあるような、ちゃんと立った状態では出入りができないような襖)
そこを出てみるといきなり細い階段があって、登ってみたが上で塞がれていた。
後で考えると、その階段の先は蔵奥の物置になってる場所のどこかに通じてそうだった。

仕方ないので俺達は部屋に戻り、今度は箪笥の中とかを物色し始めた。
中身は衣類、食器類、紙で作ったおもちゃ?などがごちゃごちゃに詰め込まれていた。
特に目ぼしい物は発見できなかったので、次は文机の方を調べてみる事になった。

42 :4/7:2006/07/12(水) 22:52:03 ID:J0yDoNbP0
文机は横に2段の引き出しがついていた。上の引き出しには文房具などが入っていた。
下の引き出しは立て付けが悪いのか最初開かなかったが、無理に引っ張ったら開いた。
中にはノート(というか紙を糸でしばってノート状にした物)が何冊か入っていた。

どうやら日記っぽかったが、小二の俺達には難しい漢字があり、ほとんど読み砕けなかった。
仕方なくペラペラとめくっていると、何枚かの写真がはさまっているページがあった。

サイズが一定していない古い白黒写真で、最初の1枚だけが大きいサイズだった。
大きい物は集合写真のようで、立派なヒゲを生やした紋付袴の男と数人の男女が写っていた。
ヒゲの男は見覚えがある。若いが、仏間に飾ってある写真の人だ。(俺の曽祖父に当たる)
隣は奥さん(曾祖母)らしき女性。前には2人の少女。他、小作人らしき者が周りを固める。

「この女の子ってさ、ばあちゃんじゃない?」従兄弟がそう言う前に、俺もそう思っていた。
当時はまだ生きていた俺の祖母。写真は少女ではあるが、確かに面影はある感じだった。
が、不思議な事が1つ。写真には、その少女と瓜二つの少女がもう1人写っている。
「ばあちゃんて双子だっけ?」だが俺達はそんな事より残りの写真の方に興味が移っていた。

43 :5/7:2006/07/12(水) 22:54:19 ID:J0yDoNbP0
次の写真は、少女が女学生になった頃の物のようだ。だが、ここでは2人写っていない。
というか、これ以降の写真にもこの女性は写っているのだが、全部1人のみになっていた。
文金高島田の結婚写真、赤ちゃん(おそらく叔父=従兄弟の親父だろう)を抱えた写真。
写真をめくる度に老けて行き、その女性は俺達が知っている祖母の顔に近くなっていった。

特に見る物もなくなってしまった俺達は、その部屋で寝転がって話をしてしばらく過ごした。
“俺達しか知らない部屋”というシチュエーションに魅了されてしまい、全く怖くなかった。
「これからここを秘密基地にしよう」などと子供らしい発想でケリをつけ、部屋を後にした。

その夏、屋敷にいる間ちょくちょくこの部屋に潜り込んで遊んだりお菓子を食ったりした。
俺は帰る時まで、いや帰った後もずっと・・・誰にもこの部屋の事を口外しなかった。
子供の意識として、秘密基地というのは“そういうもんだ”と考えていたからだ。

そして1年後の夏、いつものように俺はまたその屋敷にお邪魔する事になる。

44 :6/7:2006/07/12(水) 22:56:30 ID:J0yDoNbP0
従兄弟は(もちろん他の家族もだが)去年と変わらず、喜んで俺の到着を迎えてくれた。
さてこの夏も2人でいろいろ遊びまくろうと、お互いわくわくしていたと思う。
「なぁ、明日はまず“秘密基地”へ行こう」俺がそう耳打ちした瞬間、顔色が変わる従兄弟。
「そんなのいいよ、カブトムシ採りに行こう」いきなり従兄弟にフラれ、俺はガッカリした。
が、わざわざ議論する事でもなく、その日は疲れていたのですぐに寝た。

翌日からは俺がいくら誘っても、従兄弟は何かにと理由をつけてはぐらかす状態が続いた。
頭に来た俺はとうとう詰問してしまった。すると従兄弟はバツが悪そうにこう言った。
「ばあちゃんに・・・あそこには行っちゃダメだって怒られたんだよぅ」

俺はその時、従兄弟が秘密基地の事を他人に口外した件についてのみ腹を立ててしまい、
どうして祖母がそんな事を言ったのかについては何も訊ねなかったし、考えもしなかった。

その夏、結局あの部屋を訪れる事はなかった。(というかそれ以降も行った事はない)
1度だけこっそり忍び込もうと思ったが、押入れに大きな箱が入っていて中に入れなかった。
が、子供だったせいもあって・・・そんな事は俺の記憶から次第に薄れていってしまった。

45 :7/7:2006/07/12(水) 22:58:35 ID:J0yDoNbP0
中三の春、祖母が死んだ。その葬式の時、なぜか急にあの部屋での出来事を思い出した。
従兄弟はすごく落ち込んで聞き辛かったので、代わりに俺の母(祖母の実娘)に訊ねてみた。
「ばあちゃんってさ、双子だった?」もちろんあの部屋で見た写真について聞いたつもりだ。
母は全くそんな話聞いた事がないようで、何言ってんのアンタ的な表情しか見せなかった。
叔父にも、他の親族達にも訊ねてみたが、反応はやはり似たような物だった。

誰に聞いても祖母は“1人娘で婿取り”という存在で通っている。だが俺は信じられなかった。
成長してわかった事だが、あの部屋はおそらく“座敷牢”的な部屋だったのだろうと思う。
写真にあった、若かりし頃の祖母に瓜二つの少女。あの部屋にいたのは彼女ではないのか?
確かに、戦後にそんな三文小説のような非人道的な事があったとは考えにくいのだが・・・。

大人になるにつれ、あの家にも足が遠のき、従兄弟ともいくらか疎遠になってしまっている。
もちろん座敷牢云々は俺の想像でしかない話だが、確かに“あの部屋”はあったはずだ。
たった1度だけ訪れたというわけではない。小二の夏、2人で何度あの部屋に入った事か。

それなのに、従兄弟は今ではこう言う。「子供の時の事だし、全然覚えてないんだよな~」
さらには、翌年の夏に俺が部屋について詰問した事すら覚えてないという。
彼の記憶は“あの部屋に関する事”だけ綺麗に消えている(もしくはそう見せたい?)のだ。

いまだに俺は何かモヤモヤした物を感じているのだが、どうにもこれ以上聞き出せない。
そしてすでに蔵は取り壊され、あの部屋や写真の女性についての真相を探る術もなくなった。

~終~ (長文駄文失礼)

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
0
幽霊に遭遇したらどんな態度で臨めばいいの?
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175013049/

1 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:30:49 ID:nGdBXS060
可哀想?
むしろブチ殺すぞゴルァ?
頼むから成仏シテクレェェッェ?
成仏するしか道は無いと諭してみる?
や ら な い か ?
ビックリするほどユートピア?
で?
シカト?
念仏唱えてみる?
むしろどうにでもしてくれ?
幽霊見えちゃったよマンドイ('A`)?

どんな態度で臨めばいいんだぜ?

2 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:31:39 ID:iJBAAZrF0
2get

3 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:36:17 ID:egS11mn1O
礼儀正しく菓子折りを渡し深々と一礼

4 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:37:46 ID:RygCqIlK0
れいぞうこにいれてカチカチにしちゃおう

5 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:37:52 ID:/aVLEaFj0
>>3
一礼して顔あげた瞬間目の前にきてる

6 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:39:54 ID:Z+d7F2ALO
ちんこ出して「王様ばんざーい!!!」と叫びながら側転で突っ込んでいく

7 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:41:00 ID:JL19FMgNO
幽霊の分際が人間に勝てるわけないと思う

8 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 01:42:10 ID:VBFx+UTR0
フレンドリーな感じで

9 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 02:04:32 ID:k7uHyFjJ0
俺にとり憑いたら、俺が死んでからヒデーぞって気持ち

10 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 02:04:38 ID:tU6vhEQ6O
幽霊がいると本気で思っているのはヤバいぞ

11 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 02:18:55 ID:LTL8iedaO
リモコン投げると当たるらしいぞ

12 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 02:26:04 ID:LX4+Qw7KO
掃除機で…

13 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 02:39:09 ID:ZGn2wVc/O
マジレスすると、びっくりするほどユートピア

14 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 02:42:37 ID:M6WI3M3C0
うむ

15 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 04:50:06 ID:qA1fBX400
女幽霊はオッパイもむとイヤな顔して消えるらしいよ

16 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 05:46:39 ID:Gl+PgHkcO
キャー幽霊~!
って言うのも何か変なので、生前の名前を伺ってから
キャー〇〇~!
って言うのがベストではないが、ベターなんじゃないでしょうか

17 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 05:57:48 ID:v5q0bS6vO
まず挨拶

18 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 05:58:55 ID:v5q0bS6vO
まず挨拶。

19 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:02:54 ID:Ye5ek6PI0
や ら な い かだろ…
常識的に考えて…

20 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:13:13 ID:ip/REnJ10
>>13
マジレスしない!

21 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:21:38 ID:Ft4Wrt7oO
触ろうとする!

22 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:28:46 ID:ty9ZX2QpO
俺の昔のバイト先にすげえ怖がりなおっさんがいたんだけどそのおっさんは
「俺を呪い殺したら俺も霊になるからおんなじ土俵に上がって叩き殺してやる!」
って言ってた

23 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:32:19 ID:qdcWtIm7O
>>22
要は、同じ土俵で戦うってことだよね。この部分に僕はとてつもない何かを感じたんだ!

24 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:33:26 ID:N0Ir3zhuO
左へ受け流す

25 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 07:41:55 ID:lhN3TdFK0
「お前、俺を脅すんなら俺の人生やってみるか?俺に生まれ変わって見るか?」
と心の声で言えば一発で幽霊が逃げたって空気に変わるね。
ちなみにこの脅し文句は今の人生がすげぇひでぇ人物に限る。
親友一人もいない、彼女もいない、馬鹿でニートで社会のゴミな奴に限る。
誰もそんな奴の人生 歩みたくなかろう。
ちなみに芸能人とか裕福な暮らししてる奴が
この脅し文句使うと逆に「おお、是非 やらせてくれ」と憑依されるから気をつけてね。
やっぱ霊界じゃ裕福な人生 歩む奴の人生はなりたい亡者の数が多くて
順番待ちがすげぇんだ。え?俺の人生?多分・・・・ガラガラにすいてると思うぞ?

26 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 08:09:18 ID:pYIT23mJ0
幽霊にso good

27 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 11:25:23 ID:aU/Y9uReO
何度か心霊体験らしきものを経験した事があるけど、
実際出くわしたら、冷静に対応出来ないよ(´・ω・`)

28 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 11:43:49 ID:SkgNHdna0
>>25
中の人が変わったら人生も変わると思うぞ

29 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 11:49:01 ID:5+GhQXguO
実際どういう態度で臨めばいいんだ?
成仏しろよ~
がいいか?

30 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 12:38:32 ID:nGdBXS060
「俺が本当のお祓いを見せてやる」

31 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 12:45:36 ID:p8dyXnXhO
>>30
ガクガク(((゚Д゚)))ブルブル

32 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 12:54:39 ID:Nna3jzx2O
い…いい所にきた!ちょっと見ててくれ!


シコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ('A`)シコシコシコシコシコシコシコシコシコ( >д<).;'・,エックシコシコシコシコシコシコシコシコシコシコ
うっ('A`)

33 :オラヨー ◆PKEaQjlkeo :2007/03/28(水) 12:56:48 ID:WzOLjzwcO
「ワシの念仏は108式まであるぞ」

34 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 13:01:53 ID:vpdPZeUVO
>>25
だな、こっちが変わってもらいたいくらいだよな(>_<。)

35 :99 197:2007/03/28(水) 13:28:45 ID:F7gtQvV8O
幽霊ももとは人間だ。
知人でも、親でも、友人でも無いんだ。
普段、街ですれ違う他人みたいなもんだろ。
普段通りにする以外無いだろ。
ストーカーや強姦魔、痴漢、変態、殺人鬼、基地外、偽善者、ノーマル、イケメン、ブサイク、美女、詐欺師、ヤクザ、かまってちゃん、ウザい奴、
個性は様々だ。

スルーするか、足を止めるか、話を聞くか、逃げるか、悲鳴をあげるか、威嚇するか。
全て個人の自由だ。

ただ、何もしていないのに血相を変えて逃げられるって、幽霊にしてみれば結構、ショックを受けるヤシもいるって事さ。
逆でどこまでも執拗に追い詰める糞ったれもいる。
ただね。普段、異常犯罪者に襲われたり、街歩いていて暴漢に刺されたりなんて、なかなか経験しないよな。
質の悪い狂暴な悪霊はいるにはいるけど、ニュースで見る事件に巻き込まれるくらいの確率なんだよ。
そして、元人間だから、そういう事件も起こしちゃう訳。
実体が無い分、犯罪を抑制する理性も消えかけてる。
インビジブルって透明人間の映画でも、物語ってるだろ。
奴らには目に見える肉体が無いんだ。

36 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 13:31:05 ID:cU5hA0CmO
観音勤行儀っつうお経があるんだがこれ幽霊に効果ある??

37 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 13:36:34 ID:vpdPZeUVO
生前の宗教によるんじゃない?
俺が幽霊になって、キリスト教の牧師さんに祈ら
れても、何とも思わないだろうし。

38 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 13:43:42 ID:pby2ijbsO
>>15
さまぁ~ずの三村がそんなこと言っていた希ガス。

>>36
以前、金縛りに遭ってお経を唱えたら「そんなものがいつまでも通用すると思うな」とか耳元で言われた話を読んだ。

39 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 13:49:05 ID:cU5hA0CmO
それじゃあどうしたら
いいんだよ~(泣
昼間から怖え~よ~
てかなんで俺ん家にこんなお経があるんだよ
意味わからん

40 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 14:02:28 ID:ryPDvVO+O
オナニー見せるといなくなるよ。
生きてる人間もそんなの見たく無いでしょ?
盲点は2つ。
縮こまって出来ない可能性があるのと、どの世界にもマニアが居ること…。w

41 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 14:02:57 ID:SQMHjR4g0
(ー人ー)拝

42 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 14:25:44 ID:nGdBXS060
俺なりの考えを述べると
お経を唱えると幽霊は頭っつーか脳みそが無い霊体なので
お経の情報を処理しきれなくて逃げてゆくんだろ
ほら難しい学術書見てると頭が痛くなって現実逃避したくなるもんな!!

43 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 14:28:32 ID:ryPDvVO+O
いやっ、だからオナ…

44 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 14:37:28 ID:nGdBXS060
オナニーって・・・その幽霊がガチムチだったらどうするんだよ!!!

45 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 14:54:56 ID:lhN3TdFK0
これで簡単 心霊体験をする方法。
用意するもの。
線香、鐘、木魚。
心がけ
常にふざけた態度でいましょう。
場所
心霊スポットのトンネル。

トンネルに入って半分きたらそこで線香と鐘と木魚をだして線香に火をつけます
この時点でマッチに火がつかないのなら幽霊が妨害している証拠です。
線香を周りに撒き散らしましょう。火がついたなら線香につけてそれからぶちまけます。
胡坐をかいて座り木魚たたきながらタルそうに「はい、なぁんみょうほうれぇーんげきょう
ポクポクちーン」とほざきます。これを10回唱えるといいですね。
やり終わって心霊現象はおこりましたか?おこらなかったらすぐに帰りましょう
不幸は目の前です。車で現場に来ていたのなら帰りは事故死を覚悟しましょう。
これで完璧です。素敵な心霊ライフをお楽しみください。

46 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 15:46:04 ID:tKJsfcLH0
>>6
俺もそれやってみる。全裸で靴下だけ履いてやってみる。

47 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 15:57:04 ID:QK2gptG7O
後、塩撒いても幽霊は
(;^ω^)・・・
見たいな顔するらしい。

48 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 16:04:17 ID:5WQW4KYDO
スルーすればOK
まぁ俺はいつもぶっはらうけど

49 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 16:24:18 ID:vBysg43/O
照れ笑いしながら握手しろ
なら恥ずかしがって帰るから

50 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 16:32:00 ID:C0iquaABO
オレサマオマエマルカジリ

51 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 16:34:08 ID:n93SHwGpO
酔っ払って、絡んだらどうなるんだろう?

52 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 16:53:32 ID:DmFGHSv2O
>>50
魔獣はどっかいけ

53 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 17:04:50 ID:ryPDvVO+O
オナ……ニ…ー…

54 :本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 23:53:01 ID:YE2qMxXl0
「あ・・・あのよ~」

55 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 10:49:14 ID:TMntLdwM0
FACK YOU

56 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 11:33:36 ID:hQcMrfUdO
ケツ!ケツ!ケツ!ケツ!ケェーツ!!

メェーーーツゥ!!

57 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:00:37 ID:02P6I2ynO
「オマイが用事があっても私はオマイに何の用もないから消えれ失せろ二度とくるな」
とブツブツ言ったら消えた

58 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:20:39 ID:jueMhxgnO
あの~…アド交換しません?

59 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:27:35 ID:mMDOLpXLO
女の霊なら口説く
男の霊ならやっぱ・・・

や ら な い か ?

60 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:34:09 ID:U6exQYZFO
ウホッ

61 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:50:07 ID:RyTltU/yO
片足タックル

62 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:54:10 ID:AsOelPY6O
膝カックン

63 :本当にあった怖い名無し :2007/03/29(木) 12:58:12 ID:O4YREUNpO
「なんでやねんっ!」って、いきなりツッコミ入れてみる。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
3
漢の1日 2007.03.20
【7:46】メリーさんからの着信で起床。「家の前にいる」等とほざいてやがる。おかげで寝起きが悪い。
【8:02】朝食で使った油の容器にゴキブリが入ってた。気にせず捨てた。今まで気がつかなかった事に腹が立つ。
【8:36】出勤。ダルい。家を出るときに電話が鳴る。うるせぇシカトだ。
【9:07】車で走っていると、後ろからババアがダッシュで追いかけてくる。アクセル全開で振り切る。あくびが出た。
【9:30】デスクに向かっている。下を見ると白い手がオレの足をつかんでいる。ふりほどき蹴りをいれる。大人しくなった。
【10:39】窓際に立ち空を眺めていると、女が落ちてきて目があった。この不細工が。
【12:24】交差点を歩いてて、すれ違う時に男が「よくわかったな」と言ってきた。黙れ池沼。
【14:26】携帯に着信記録16件。かけてみる。「わたしメリーさ…ブチッ…ツーツーツー」
【16:12】外回りをしているとマスクをした女が声をかけてきた。「わたしきれい?」右ストレートを入れる。うずくまったまま動こうとしない。こっちは急いでるんだよ。
【17:30】公衆便所に行くと人形が落ちている。「わたしリカちゃん。呪われているの」うるせぇ黙れ。
【20:32】車で走行中、バックミラーを覗くと上半身だけの女がついてきている。急ブレーキをかけてバンパーにぶつける。もう着いて来ないようだ。
【21:25】帰宅、着信記録が49件。またアイツか。
【21:42】ベッドの下に男がいたのでボコって追い出した。大の男が泣くな。
【22:10】メリーさんからの電話に出る。「わたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの」後ろは壁だ。
【23:34】着信がしつこく鳴り響く。電話線を抜いた。
【0:12】就寝。今日一日でかなり疲れた。
【2:40】急に目が覚める。金縛りのようだ。髪の長い女が天井にへばりついて恨めしそうにこっちを見つめている。だが睡魔には勝てない。
【3:20】猿夢だ。しかし俺は夢の中では無敵だ。残らず叩き潰す。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
0
もこが牛乳を飲もうと冷蔵庫を開けると誰かの生首が入ってました。
もこはビックリして思わず冷蔵庫のドアを閉めてしまいました。
きっと今のは何かの見間違いであろうと、思い直し再び冷蔵庫を開けると
なんとそこには誰かの生首が白目を向いていたのです。
もこは思わずドアを閉めましたが、きっと疲れていて見えもしないもの見てしまった
のだと思い直し覚悟を決めて改めて冷蔵庫を開けました。
するとそこには何者かの生首が白目を向いてほのかにほくそ笑んでいるのです。
もこはビックリして冷蔵庫のドアを閉めましたが、きっと幻覚を見たに違いない、
最近あまり寝てないから見えもしないものが見えてしまったのだと思い直し、
冷蔵庫を開けました。するとそこのには白目を向いた生首が入ってたのです。
驚いたもこは気がつけば冷蔵庫の扉を閉めていましたが、気のせいだと思い直し
再びドアを開けると、やっぱり白目を向いた生首がほのかに笑っているのです。
思わず扉を閉めてしまいましたがきっと幻覚に違いありません、最近寝てなかったから。
と、思い直し冷蔵庫を開けると、やっぱり誰かの生首が入ってるのです。
思わず冷蔵庫を閉めたもこでしたがこれは何かの間違いに違いない。
疲れているから見えもしない者が見えたのだと思い直し冷蔵庫を開けると
そこにはなんと白目を向いた生首が・・・、うわっと思い冷蔵庫を閉めましたが
きっと疲れのせいで幻覚を見たに違いない、と自分に言い聞かせ再び冷蔵庫を開けると
なんと誰かの生首が白目を向きながら笑っているのです。思わず冷蔵庫の扉を閉めましたが
きっと気のせいで、何かと見間違えをしたのだと自分に言い聞かせ、扉を開け直すと
なんとそこには何者かの生首が白目を向いて笑っていたのです。

オカルト 怖い話 超常現象 未確認生物UMAをもっと見る ⇒
オカルト ミステリー 不思議な話 怖い話 好きに オススメ ⇒
0
| ホーム |
ブログパーツブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。